その昔

「インターネットのオークションって、儲かるらしいよ!」
と話題になってきた頃・・・西暦も2000年になったくらいでしょうか。

まわりでも、会社を辞めて 東京の古本市やブックオフをハシゴして回る
いわゆる「せどり」で、3年で1億円以上!稼ぐ先輩も実際に現れました。
( 某有名な「名古屋のネットせどり第一人者」は ぼくの元上司のお兄さんです )

当時 家電量販店で働いていましたが、
「パソコンまったくド素人」で、
電源の入れ方から教えてあげたおじいちゃんも、
2年後にeBayで有名な「 切手バイヤー 」 となってました。

「ネット販売」や 「オークション」のような 「ネットでの取引」は
当時 家電量販店で「リアルな取引」で商売をしていた私にとって
「禁じ手」でした。

「価格コム」や「楽天市場」「アマゾン」といったサイトがどんどん普及し、
売場では年中「 ネットでいくらで売っとるがや!もっとまけぇ 」と
お客さんから言われていて・・・どちらかといえば商売敵 的な。

また、一応 店員としての立場の中にも 役職がありましたので、
へんに副業とか勘ぐられて、上司や部下から揶揄されても困りますから
「やれば儲かるだろう 面白いだろう」と思いつつも
本腰を入れるに至りませんでした。

元々、私は電気屋の中でもパソコンとか情報通信機器に強かったので、
お客様にご案内する範囲の知識で、インターネットについて自主勉強してました。

おこづかいで幾つかのドメインを取得しては レンタルサーバーで
「なんちゃってホームページ」を作って、悦に浸ってました。

きっかけは 単純な おじいちゃんの言い間違い

ある日、お客のおじいちゃんにオークションのやりかたの説明をしている際、
しきりに「ヤフオク」のことを「ヤオフク ヤオフク」と言ってました。

めんどくさいので いちいち訂正はしないで話をしてましたが、
「あれ?ヤフオク と ヤオフク なんか間違えてる人 多そうだなぁ(笑)」と思い、

おもむろに「ムームードメイン」で検索したら、見事に「YAOFUKU.com」が空いてました。

となると、どんどん妄想が広がってしまうわけで、とるもの 手につかず。
なんか、いつか使えるかなぁ~・・・と、すぐに取得してしまいました。

今となっては グーグルなんかではサジェスト機能が

「もしかして?」

「ヤオフク」って入れると「ヤフオクでしょ?」って勝手に直してくれますが、
当時は それこそ 「 このままフィッシングサイトになってまうがな 」と
ニヤニヤできる迷子のアクセスがけっこうありました。

ちなみに、八百福 って八百屋さん、現実に長野県にあります。
サジェスト機能のことを考えると ネットビジネス的には困りますが、
昔からリアルな商売でやってらっしゃるでしょうし、
SEOなんてどうでもいいでしょうね。

まぁ、そんな遊びも 飽きまして・・・

思い出したかのように思いついた「ヤフオク補助サイト」

最近は たまにヤフオクに出品するのですが、
デフォルト(標準)では 商品の画像は3枚までしか載せられません。

「売る気のある人」は 「出品ツール」などを用いて
たくさんの画像や動画などを載せておりますが、
それはそれで テンプレートとかが 面倒・・・

3枚だけしか載せていないと
「もっと詳細の画像をアップしていただけませんか?」
と質問が来ます。

「めんどくせぇなぁ・・・」

と返事をしたいブラックな気持ちも沸きますが、

そういやぁ、yaofuku.com 放置してたなぁ。
どうせなら、自分用のオークション補助サイトをこさえてみますか!

ってな 按配でございます。